借り換えローンの総量規制と返済方式について

借り換えローンを利用して、返済の負担が減った利用者の方は大勢いらっしゃいます。
総量規制の対象外であるため、消費者金融でも高額のキャッシングを借り換えローンで組むことができ、審査にも通過しやすいというメリットがあります。
その一方で、返済方式が残高スライドリボルビングなので、自発的に入金して返していくこともしないと利息が大変です。
下記で、これらの詳細についてもう少しご説明いたします。


借り換えローンは総量規制対象外

総量規制について説明すると長くなってしまうので一言でいうと、年収の3分の1以上は借りられないというルールです。
ただし、これには対象外と呼ばれる例外があります。
それが、銀行からの借り入れと、利用目的が決まった借り入れです。
借り換えローンは後者に当てはまるため、消費者金融であっても年収の3分の1を超えて借り換えが可能というわけです。


恐ろしい残高スライドリボルビング方式

キャッシングの返済にはそれぞれ方式というものが決まっています。
例えば、元利均等は、元金も金利も均等に分割して返済する方式です。
いわゆるリボ払いと呼ばれているのは、分割返済方式のことです。

このリボ払いもたくさんの種類に分かれており、そのうちの1つが残高スライドリボルビング方式です。
カードローンや借り換えローンでよく用いられるこの方式は、元金が減れば毎月の返済額も減るという方式です。
最初のほうは大変ですがだんだん楽になりますよ、と思わせておいて最後までたっぷり利息を回収されます。
余裕が出来てきたら早く完済するためにも、自発的に入金すると良いですよ。