おまとめローンと借り換えローン

借金を抱えていると言ってもどんなふうに借金しているのか、それはその人によって変わってくるものだと思うのです。
今では借り換えローンやおまとめローンと言う便利なものがありますから、上手に活用して借金を返済していくのが良いでしょう。
この二つのローンを同じだと考えている方が多いようですが、二つのローンは別物ですので申し込み時には注意が必要です。
自分がどちらを利用すれば良いのか、事前にしっかり把握してから行動に移すようにして下さいね。


借り換えローンとおまとめの違い

おまとめローンと言うのは、抱えている借金を一つにまとめてしまうというものなので何か所からか借金している多重債務者におすすめと言えるローンとなっているのです。
消費者金融の場合、借入金額が少額であればある程金利が高くついてしまう為、高い金利を支払う事になってしまいますからおまとめローンが便利。
借り換えローンは、一般的に借金の件数が一件ということになり、こちらも高金利の場合には高い利息を支払う事になってしまいます。
それを防ぐために低金利のローンを利用して返済していくというものなのです。


銀行の方がお得?

消費者金融に申し込むのも良いのですが、銀行の方が利息も安くなっていますし安心感もありますからオススメです。
イメージを気にしてしまう女性でもお気軽に申し込みが可能ですから、銀行の方が良いかもしれません。
借り換えローンはその金額により発生する利息も変わりますし返済額も変わりますので、まずはシミュレーションをしておくと良いです。

《おすすめ》
オリックス銀行の審査大辞典・・・金利が低いオリックス銀行のカードローンはおまとめローン向きです。

借り換えローンの総量規制と返済方式について

借り換えローンを利用して、返済の負担が減った利用者の方は大勢いらっしゃいます。
総量規制の対象外であるため、消費者金融でも高額のキャッシングを借り換えローンで組むことができ、審査にも通過しやすいというメリットがあります。
その一方で、返済方式が残高スライドリボルビングなので、自発的に入金して返していくこともしないと利息が大変です。
下記で、これらの詳細についてもう少しご説明いたします。


借り換えローンは総量規制対象外

総量規制について説明すると長くなってしまうので一言でいうと、年収の3分の1以上は借りられないというルールです。
ただし、これには対象外と呼ばれる例外があります。
それが、銀行からの借り入れと、利用目的が決まった借り入れです。
借り換えローンは後者に当てはまるため、消費者金融であっても年収の3分の1を超えて借り換えが可能というわけです。


恐ろしい残高スライドリボルビング方式

キャッシングの返済にはそれぞれ方式というものが決まっています。
例えば、元利均等は、元金も金利も均等に分割して返済する方式です。
いわゆるリボ払いと呼ばれているのは、分割返済方式のことです。

このリボ払いもたくさんの種類に分かれており、そのうちの1つが残高スライドリボルビング方式です。
カードローンや借り換えローンでよく用いられるこの方式は、元金が減れば毎月の返済額も減るという方式です。
最初のほうは大変ですがだんだん楽になりますよ、と思わせておいて最後までたっぷり利息を回収されます。
余裕が出来てきたら早く完済するためにも、自発的に入金すると良いですよ。

借り換えローンで借金解決!

消費者金融では即日融資が出来るようになり、銀行は低金利での融資が出来るようになって利用者が増えています。
決して悪い事ではないのですが、その一方で返済をしっかり出来ていない方も続出してしまっているとの事らしいのです。
そういう方は借り換えローンに申し込みをして、その借金を全て片付けてしまうと言うのはいかがでしょうか?
多額でも少額でも借り換えローンを利用することが出来るので、借り換えをして片付けてしまいましょう!


借り換えローンは低金利の場所を選ぶ

借り換えをするのなら今利用している場所よりも金利の低い場所を選ぶ必要がありますので、ランキングサイトなどを参考にしてみて。
ランキングサイトには、その金融会社の金利や審査について掲載されているから比較しやすくなっていますし、公式サイトへジャンプできるようにリンクが張られていることが多いので、時間短縮にもつながります。
借り換えローンはすべての金融機関で取り扱っていると言うわけではないので、その点にも注意しながら探してみて下さいね。


返済期間をしっかり考えて

低金利の場所へ申し込みをしたら審査に通ることが出来て無事利用できることになった、なんて安心している方はいませんか?
しかし、借り換えローンにはデメリットがあってそれは返済期間の長さなのです。
いくら低金利だと言っても返済期間が長くなればそれだけ利息が付きますから、借金額が増えてしまうと言う事もあるのです。
返済期間は出来るだけ短めにしておきましょう!

繰上げ返済と借り換えローン

借金を抱えている方は毎月一度返済日がありますが、きちんと守ることが出来ていますでしょうか?
借り換えローンを組むことになっても必ず守ってほしいものですが、もう少し早く返済したいと言う方も出てきています。
早く返済してしまえば、その分の利息をカットすることが出来るので繰上げ返済が大いに便利なのです。
返済日より5日早く繰上げて返済すればその5日分の利息が浮きますので、他の事に回せますし負担も減らすことが出来て一石二鳥です。


借り換えローンで完済を目指すなら

借り換えをして少しでも早く完済を目指すのであれば、きちんと計画を立てることが大きなカギとなります。
前もって返済計画を立てておくことで、毎月の返済額を知ることが出来ますし繰上げ返済してしまえば返済額の減りも早くなります。
何より借り換えローンの計画をノートなどに書き記しておけば、どのくらい利息を省くことが出来たのか知ることが出来て、向上することにもつながって返済も効率的になるのではないでしょうか?


自分のペースを守ろう

繰上げ返済するのが良いと言いましたが、無理して行うのは良くないですし余裕がなくなってしまいます。
それなので、今月は難しいなと思ったら最低限の金額の返済を行ない、余裕が出来た時には多めに返済したり少し繰上げて返済していくようにするのが一番だと思います。
自分のペースをしっかり守りながらの返済を心がけてみて。

借り換えローンはどこに申し込む?

いざ借り換えをすることになった場合、どの金融機関へ申し込むのが良いのでしょうか?
消費者金融でも銀行でも借り換えローンを取り扱っていることが多いので、比較をしても迷ってしまう事が多いと思います。
金利の安い金融機関が良いのであれば銀行が良いですし、消費者金融であれば無利息キャンペーンを行なっている場所があるのでそちらを利用した方が効率も良いのではないでしょうか。
人により向き不向きがありますから、事前に金融機関へ連絡して担当者に相談してみるのも良さそうです。


借り換えローンの審査

借り換えるためには申し込みをして審査を受けることになりますが、この審査が不安だと言う方も大勢います。
やはりはっきりとした基準がないため、どう準備すれば良いのか分からないと言う方が多いのではないかと思うのです。
借り換えローンの審査で確認されるのは、返済能力の有無で年収や勤続年数、借入金額についてチェックされるようになっています。
ですから、極端に勤続年数が少ないとか何度も延滞している事などがない限り無事通過できるはずです。


場所により基準が異なる?

審査についてなのですが、実は消費者金融と銀行で少し違いが生じてきます。
その金融機関により着眼点が異なると言うのもありますし、銀行の場合は利息が低くなっている代わりに細かい部分までチェックされる傾向にあるようですから、過去に何かの支払いを延滞したりしていると借り換えローンの審査では不利になってしまう事があります。